毎日のヘルスケア

毎日のヘルスケア・咽頭結膜熱(プール熱)<感染症>

どんな感染症か
--------------------------------------------------------------------------------

 咽頭結膜熱は学童期に多くみられ、アデノウイルスによって引き起こされる代表的な夏かぜのひとつです。多くは汚染されたプールの水を介して流行しますが、病院や施設などで小規模に季節を問わず流行しています。
 感染経路は、汚染されたプールの水やタオルから、結膜や咽頭への直接侵入や飛沫感染、手指を介した接触感染です。


症状の現れ方
--------------------------------------------------------------------------------

 アデノウイルスの潜伏期は通常5~7日です。発熱、頭痛、全身倦怠感(けんたいかん)などで始まります。発熱と同時に、咽頭炎によるのどの痛みが現れます。のどが赤くなり、扁桃腺(へんとうせん)がはれてきます。結膜炎の症状として、結膜の充血、眼の痛み、羞明(しゅうめい)(まぶしさを感じる)、流涙(りゅうるい)などが現れます。眼の症状は通常、左右の一方から始まり、その後もう一方へ波及します。
 そのほか、咳(せき)、鼻汁などの感冒様症状、頸部(けいぶ)リンパ節腫脹(しゅちょう)と圧痛(押すと痛い)、時に下痢、腹痛が現れることがあります。症状は通常3~5日間続き、後遺症を引き起こすことなく治ります。


検査と診断
--------------------------------------------------------------------------------

 症状、所見、および流行状況をみて診断します。のどや結膜からアデノウイルスを見つけ出すことが最も確実ですが、生きたウイルスを取り出すには時間がかかります。近年は、ウイルスを構成する蛋白抗原を免疫学的に検出する方法や、ウイルス内部の核酸を検出する方法で迅速に診断できるようになりました。
 区別を必要とする病気としては、夏かぜを起こすエンテロウイルス感染症、眼に炎症を引き起こす流行性角結膜炎(かくけつまくえん)、クラミジア、ヘルペスウイルス感染症などがあります。


治療の方法
--------------------------------------------------------------------------------

 アデノウイルスに対しての特効薬はまだ開発されていないため、対症療法が中心になります。発熱、のどの痛み、頭痛に対しては解熱鎮痛薬、結膜炎に対しては点眼薬を用います。



(執筆者:稲田敏樹)
[PR]
by maiheru | 2009-08-04 11:38
<< 毎日のヘルスケア・ニュース5歳... 毎日のヘルスケア・テストステロ... >>



毎日のヘルスケアは大事です
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入り
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧